お付き合いはお金がかかる

最近、私の周りでは親戚や友人の新築、出産、開店、葬儀などの冠婚葬祭が多発しております。お付き合いにかかる交際費は年間で考えても馬鹿にならない大きな出費です。

ただ新築、出産、開店は前もって予定がわかるので準備しておくことができますが、突然の訃報にはどうしても備えておくことができません。。。私の祖母は90歳半ばですので3年程前から「歳が歳なので。。」っと覚悟はしていますが、ピンピンしています。

この場合は別ですが、予期せぬ訃報が届いた時、驚きと悲しみが訪れ、そしてお財布事情が気になってしまうのが現実です。

「香典はいくら包めばいいのか。。。」「会場まではタクシーで行ったほうがいいのか」「最近太ってしまったが、喪服は入るのか。。。」などなど、出費がかさみます。

現に今年に入って主人の友人のお母様が亡くなられた時、一番困ったのは喪服です。試着するまでもなく太った身体に入るわけがなく、その日のうちに買いに行くことに、香典は食費や雑費やら生活費をかき集めなんとか用意できましたが、喪服をホイホイ買えるほど我が家には余裕はありません。

そんな時は我が家ではカード支払いしかないのです!私は一括払いしかしない主義なのでもちろん一括です。余裕があればカードの締め日を考えて翌々月の請求になるように購入日を調整するのですが、今日の今日で必要な喪服にはそんな計算は通用しません。

しかし、現金がない時はカードは救いの神になってくれます。どの道、来月支払いになるので来月切り詰めなければいけませんが。。。

ドタバタが終わり新しい喪服で出かけた主人を見送って改めて思ったことは、「太ってはいけない。。。」っということでした。今後これ以上太らないことを祈ります。

後々聞くと、ネットで買うほうがかなり安いみたいですね。(※喪服レディース

これから先、親戚には祖母以外にも段々と年配の方が増えてきているので不謹慎ではありますが急な訃報が届くかもしれません。今回の経験を踏まえ急な出費には慌てたくはないので少しでも蓄えておくようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です